白内障や緑内障は早期発見が大切|早めに治療して失明を防ごう

眼疾患の勉強をしよう

診察室

今後の動向を予測する

白内障は40代ごろより疾患の進行が始まります。高齢になるほど発症率は上昇していきます。超高齢社会の日本は、今後も高齢者の割合が増加すると言われています。そのため白内障患者も今後増加していくと考えられます。緑内障は、房水という目の中の水分が溜まってしまうことによって起こる疾患です。緑内障も高齢になるほど患者数が増加するため今後患者数が増加すると考えられています。また近年、パソコンやスマートフォンの普及により、近視の患者が増えています。近視は緑内障と同様に目の圧力を上昇させるため、緑内障を合併しやすい疾患です。そのため、今後近視からの緑内障患者が増加すると考えられています。

点眼を忘れると大変です

白内障も緑内障も、治療の際には点眼薬を使用した治療が一般的となっています。ただしどちらの治療方法も、根治を目的とした治療ではなく対症療法です。白内障は進行すると、かすみ目になってしまい視力が低下します。かすみ目は進行すると水晶体が真っ白になってしまい失明してしまいます。高齢の方で認知症などがあると、点眼薬を忘れやすくなってしまい疾患が進行する場合が多く注意が必要です。緑内障は進行すると眼圧が上昇し、手術が必要になります。手術の目的と点眼薬の目的は同じで、どちらも対症療法です。緑内障が進行し過ぎると完治が難しくなるので、日頃から点眼薬を使用し続けることが重要になります。緑内障、白内障どちらであっても、一番危険なのは放置することです。症状を悪化させないためにも、目の異常があればすぐに医療機関を受診しましょう。