白内障や緑内障は早期発見が大切|早めに治療して失明を防ごう

視力に異変を感じたら

ハートを持つ看護師

代表的な視力の障害

目の視力に障害が出てしまう病気は、代表的なものに白内障や緑内障が挙げられます。白内障は高齢者に多く、年代が上がるにつれてほとんどの人が発症してしまうぐらいの割合になります。白内障の症状は次第に視界がぼやけて見えるようになり、水晶体が濁ってしまうことで起きてきます。そして、緑内障は40代以上の人に見られ、視界の一部が見えづらくなっていきます。緑内障の割合は20人に1人という患者数となり、決して少なくない症状となります。こういった目の障害は眼科で検査をしていき、治療を受けていくことができます。これらはできるだけ早めに受けていくことで、症状の進行を抑えていくので安心です。白内障は視力の老化となるので高齢者の人は十分に注意し、緑内障も症状を放置してはいけません。異変を感じるようなときは、1度眼科で診てもらうことです。

増え続ける患者数

高齢化社会に入り、白内障の患者数は急増しています。白内障は老化による影響ですが、諦めずに治療をすることで改善はできます。水晶体のレンズを交換していくことで、再びクリアな視界がよみがえってくることになります。高齢者のほとんどの人が経験することになるので、違和感を感じたときは白内障を疑うようにすることです。そして、緑内障の患者数も年々増加しています。この症状も年を取るごとに発症率が高まるので、眼科での治療件数も確実に増えてきています。まだ年齢が若いことから緑内障を疑わない人もいますが、これに関しては視力を回復させることができません。治療は症状の進行を抑えていくことなので、早めにそれを始めることがとても大切です。こういった背景もふまえて、日頃から眼科で検査を受けていくことが早期発見につながります。眼科でもその取り組みに力を入れている状況で、増加する患者への治療体制がさらに求められてくるようになるでしょう。