白内障や緑内障は早期発見が大切|早めに治療して失明を防ごう

眼疾患の勉強をしよう

診察室

白内障患者も緑内障患者も、今後日本の高齢化に伴って増加すると予測できる。近視が増えており、近視による緑内障の合併患者も増える可能性がある。点眼を忘れると疾患が進行し、白内障の場合は手術が必要になり失明はしないが、緑内障の場合は手術をしても失明の可能性を完全になくすことはできない。

More Detail

視力に異変を感じたら

ハートを持つ看護師

視力の障害で気を付けたい症状に、白内障や緑内障があります。白内障に限っては高齢者に圧倒的に多く、年齢が高くなるにつれてほとんどの人が経験してしまいます。そして、緑内障も40代以上の人には気を付けたい症状となるので、視力への異変には早めに気づいて対処していくことです。

More Detail

知りたい目の病気

女の人

白内障は生活習慣病の改善で発症を予防できる。緑内障は近視の改善で発症が予防できる。白内障は物が霞んで見えるようになり、光に対して非常に眩しく感じてしまう。緑内障は視野の一部が欠けてしまい元に戻ることはない。

More Detail

目の老化対策

2人の看護師

水晶体と視神経の老化

加齢が進むと身体のさまざまな部位の老化現象が目立ってきます。目が老化してくると、視力が低下したり視野が狭くなったりするものです。加齢にともなって発症リスクが高まる目の病気としては、白内障と緑内障の2つが代表的です。白内障は目の水晶体と呼ばれるレンズが白く濁ることによって発症します。これは水晶体を構成するタンパク質が酸化し変質してしまうことが原因です。濁った水晶体は光を通しにくくなるため、視界が暗くなったり、逆に眩しすぎるようになったりします。白内障は放置しておくと失明する恐れもありますが、現在では濁った水晶体を取り出して人工レンズと交換する手術で治療できます。眼科医療の未発達な発展途上国では今でも白内障での失明率が高くなっています。

検査で早期発見

一方の緑内障は、目の奥にある視神経が損傷を受けて視野が欠ける病気です。目の中には房水という水が血液の代わりに循環していますが、この水の圧力によって視神経が潰れてしまうのです。眼圧が平均値より高いために発症するケースと、正常眼圧でも視神経が弱いために発症するケースがあります。高齢者は視神経も老化しているため、正常眼圧で緑内障を発症するリスクが高まります。一度損傷した視神経は手術をしても治りませんが、眼圧を下げる治療で症状の進行を食い止めることは可能です。緑内障の手術は眼圧を下げる効果が最も高くなっています。症状がそれほど進行していないケースでは、手術を回避して点眼薬やレーザー治療で眼圧をコントロールします。白内障も緑内障もできるだけ早期に発見すれば治療が楽になりますし、視力の低下や視野の欠損も最小限に食い止められます。早期発見のためには定期的に眼科を受診し、検査を受けることが大切です。